脱毛の痛みは意外と少なくて快適

エステサロンの脱毛は医療レーザー脱毛よりやや痛みが少ないと言われています。
クリニック等で医療レーザー脱毛を受けた人にとって、脱毛といえば若干熱さが伴ったり痛さを感じるイメージが持たれがちですが、エステサロンでの脱毛なら医療機関よりも光の照射出力が抑えられてたり、エステティシャンが非常にきめ細やかなサービスで痛みに配慮してくれる分、痛みをあまり感じずお手入れできるケースも多いです。
効果よりも痛みの無さやお手入れの快適さを優先したい時は、エステでの脱毛を選ぶと安心です。

脱毛で痛みを強く感じがちなパーツとは

脱毛を受けるにあたり、特に痛みや刺激を強く感じがちなパーツといえばデリケートゾーンや顔が挙げられます。
皮膚がデリケートであったり、皮膚が薄いパーツは施術時に肌をパチンと弾かれるような痛みや、ややチクチクとした弱い刺激を一瞬感じることもありがちです。
また、脱毛をまだ始めたばかりで、無駄毛が非常に濃かったり太いうちは痛みを感じてしまいやすいケースは多いです。
まだ脱毛を始めて間もない頃に脇やVラインなど、毛がかなり太くしっかりしている毛質の部位を施術してもらう時は、少し痛いと感じる女性も珍しく有りません。

具体的な光脱毛の痛みや刺激

光脱毛のサロンで、お手入れしてもらう時の痛みを具体的に表現するとすれば、ゴムで軽く肌を弾かれるようなパチンとした痛みを連想しておくと安心です。
鈍い痛みや強い刺激というよりは、素肌の表面を軽く触れられるような微かな弱い鋭い刺激が、長時間ではなく、光を照射して貰う時にごく一瞬だけ伝わるといった形が多いです。
ただ、脱毛の照射は短時間で完了しますし、大半のエステサロンでは脱毛の前や後にはスキンケアとして素肌をクールダウンしてくれて、火照りを抑えてもらえたり肌の熱を取ってもらえます。
肌を冷やしてもらえば自然と痛みも感じにくくなりますし、長時間痛みが長引いてしまったり、痛みが肌に残ってしまうことは皆無です。
最近はマシンの性能も向上しており、昔より遥かに痛みがない方法で脱毛できる時代になりました。